2017年04月22日

うちの笑顔ステキな看板娘です!



先に断っておきますが、

ヤラセはありません!!


生徒さんへの連絡漏れ防止のために準備したホワイトボートなのですが、

こんなのを置いておくと、

うちの生徒さんたちは


「落書きした~い!!描いてもいいですか~face05?」


という子はまだよい方で、

大体の場合、

気づいた時には既に遅く

何やらぎっしりと描かれていますface07




ペンのインクが無くなるので、やめてと言っているんですけどねicon10


それで、こちらのことみちゃん

その中の一人です。


でも、彼女の落書きは、

自分より年下の生徒さんへの

頑張ろうメッセージicon06だったりするので

まあ、今回は見逃すとしよう。。

なんて、ついつい甘くなってしまうのです(笑)




それで、今週は何を思ったのか

教室の看板??ウェルカムボード???

を作成してました。



上手ですよね?

私には描けないです。

下の鍵盤も緻密に描けています。



「先生~、これブログにのせて下さいね~」

と、本人が言いますものですから!!!



こういう役を自ら買って出てくれるとはkimochi1



個人事業主の私にしてみれば、

ちょっとありがたい話だったりしますface01
  


Posted by モデラート  at 16:58Comments(0) moderato音楽教室日常のこと♪

2017年04月20日

春眠はやっぱり強し、、、。



この4月から小学校に上がったみらりちゃんです。

この日もいつも通りお姉ちゃんとレッスンに来ましたが、

お姉ちゃんを待っている30分ですっかり撃沈しました。

春の陽気に加えて、慣れない小学校のリズムがあるのだろうと思います。

このあと私に優しく起こされ(ホントです!)、

顔を洗ってスッキリした後に

レッスン出来ました(^_^)



さて、話変わって、いちごの話ですが、

これは、マズイですよね。




最初の写真は右側のイチゴがなったはいいものの、
そのまま黒くなってしまい、

次の写真は、葉が黒くなっているのがわかりますか?

こんな葉が何枚も出現して、一応見つけたらちぎっています。

花はつけるのに、赤い元気な実になるのは5個に1個ぐらいなんですよね。

ネットで原因を調べても、いったいどの症例にあたるのやら、判別できず(T_T)


あ~あ。

今度こそ、

「失敗しない」って

みんなと約束したのに、、、。


まぁ、もう少し様子をみてみます。  


Posted by モデラート  at 08:45Comments(2) moderato音楽教室日常のこと♪

2017年04月14日

新一年生♪



ちょっと時間が経っちゃいましたが、

この日は小学校の入学式の日でした。

晴れて1年生になったなおちゃん

私に制服姿を見せようと

お着替えをせずにレッスンに来てくれました!

よく似合ってます(^_^)

カメラ目線もバッチリ決まってます
(^.^)


「上着は着なくていいの?」

とお母様がおっしゃいましたが

「着ない方がかわいいもん」

って。

最近のお子さんのこだわりというか、

美意識??

も進化している事を思い知りました(笑)


かわいい女の子!!

ではなく

ピアノも弾けるかわいい女の子!!

へと、

絶対に導きますからね!!(^_^)  


Posted by モデラート  at 09:05Comments(2) moderato音楽教室日常のこと♪

2017年04月07日

断捨離がマイブーム



お見苦しい写真にて失礼します。

今日は個人的な内容です。


2月の半ばぐらいから

断捨離の神様に取り憑かれています。

普通に自分の部屋と、私物から始まったのですが


今日、楽器部屋の

怖~い「開かずの押し入れ」と化した

備え付けの本棚に手をつけました。


楽譜とか音楽関係の資料がここにはあり、


4年前までお世話になっていた

ヤマハ音楽教室関係の本が長い冬眠をしていました。


これらは、テキストとしても優秀なものでありましたし、

「知識」の部分で、いつ役に立つかもわからないと思ったりで、

ずっと捨てられずにとっていましたが、


この度、思いきって処分いたしました。

(辞める場合には全て破棄するようにという決まりになっていたと思います)

ちなみに、マル秘、の印のものはちゃんとシュレッダーにかけました。



本だけで段ボール2箱分ぐらいになりました。

そして、

CDと、昔エレクトーンの音データを保存するのに使っていたフロッピーディスクが、

大きな袋一杯になりました。

写真はこれでも、スッキリした後のものです。

そうすると、

いかに「開かずの押し入れ」だったかが、

想像いただけると思います(笑)


御覧の通り

CDの棚はまだぐちゃぐちゃなままなので、

こちらも近々整理する予定です(^_^;)



断捨離は、捨てる事が目的でなく


今あるものを、大切にするとか、

今の「質」を上げるとか、

新しいものを迎える「スペース」を作るとか、



そういう目的があるのだそうですね。


私も、それを望んでいるなぁと、

この2ヶ月くらいで、強く思います。


ヤマハ音楽教室に勤めた事で得たものは、

本当に大きく素晴らしいものでした。


でも、もう離れたのだから、

それに代わる新しいものを、

積極的に見つけてゆきたいと


今日、大量の本をひもで縛りながら

改めて思ったのです。


この本棚に久しぶりに出来たスペースに


新しい何かを


それは、本や楽譜かもしれないし、

そうではないかもしれないけれど、


迎え入れたいです♪  


Posted by モデラート  at 16:31Comments(4) 日常のこと♪

2017年04月06日

きれいな桜とは対照的な話。


私はまだ自宅以外の桜を見れておりません。

(自宅の木は品種が違うようでとっくに満開を過ぎ、茶色になってます)

昨日、生徒さんのはるかちゃん

城山(小学校のすぐ上の山)に咲いてました~」

といって持ってきてくれました。


私が知らないだけで、牛深の桜も着々と満開の準備を始めているようです。

さて、

はるかちゃんではなく、昨日の生徒さんのKちゃんの話です。

(Kちゃんはあまり表に出たがらないので、イニシャルにします)

昨日、明らかに上手になっていたので、

「今週はちょっと練習したよね?」

と言うと、

付き添いにおみえになられていたお母様が後ろから

「わかるんですか??」



結論いいますと、

トーゼンです。



これは私に限ったことでは無くて


ある程度付き合いが深まると、大抵のピアノの先生方は



この生徒さんはやればこんぐらい出来て

やらなければ、たぶんこんぐらいかな、、、。



の察しは簡単についています。

このKちゃんの場合は、良かったケース。




(予告ですが、ここからは私の愚痴が多少入ります)


逆も、もちろんあるわけです


アンタ、今週1回も練習しとらんやろ!!!

黙っていても、そんなのほぼ見通していますから(叫!!)


あえていちいち指摘しないだけです!!

特に、生徒さんの年齢が上がると

ピアノだけでなく色々忙しくなるのが解らんわけでは無く、

そこは、うちの教室の理念

モデラート、中庸→それぞれにあったペースでの上達を目指していただく

の中で頑張ってもらいたいし、サポートしていきたいと思っているんです。



(更なる予告ですがここから私の愚痴もエスカレートしていきます。)




でも、それがたまに発展すると


私がイチイチ指摘しない事が、


先生気づいていないかも。この先生チョロいかも!!

おりこうさんにしておけば、何も言わっさんみたい、、、。


この感じが垣間見えてくると、若干心がザ~ワザワしてきます。



そんな時は、

長く語らず、


「ねぇ、私、言わないだけでわかってるんだからね、、、」




と。結構気持ちを込めて告げます(T_T)


でも、それを「怖~い」と思ってくれる生徒さんが過去にいたのかはわかりません(>_<)




でもね、この手の生徒さんの気持ちが解らない訳でもないんですよね~。


私も音楽こそ、そこそこサボらずにやってきましたけど、

他の事はというと、

私も「ふり」だけしている事が、無かったわけでもありませんから(^_^;)

でも、それもきっとばれていたんだろうと、

今、思います。


たまにいる、

こういう生徒さんの姿に、

もしかしたら私は

過去の自分の姿を

見ているのかもしれないです。  


2017年04月02日

また巣立たれました~。



この春、3名の新高校1年生が

モデラート音楽教室を巣立っていかれました。


(写真は記念にプレゼントしたオーダーメイドの消しゴムハンコです。

ここのブログで知り合ったべべしとろんさんにお願いしました。)


この一週間が、それぞれの最後のレッスン日でした。


3名全員、進学に伴い、

家を出られます。



生徒さんたちは必ずいつか

どこかのタイミングで辞めていかれる訳ですが



「進学」に伴い、、、


というのは、私にとって、

喜ばしい、というのもなんですが、


誇らしい、と思える形です。


よく、続けたよね。

辞める、というより

卒業する、という表現がふさわしい。

心からおめでとうhime27


そんな気分です。


寂しいですが

でも、

今回のこの3名のモデラート卒業生は、


先程の繰り返しになりますが、

私の誇りですicon12



のあちゃん

ゆりかちゃん

そういちろうくん


今後、先生と生徒の関係はなくなります。

でも、

元先生と元生徒という関係に変わるだけで

アカの他人になるわけではありませんから。



これからも、帰省の際には

楽器、弾いてくださいね。


環境と共に、夢が広がってゆくことを

心から、願っていますface01  


Posted by モデラート  at 08:29Comments(2) moderato音楽教室日常のこと♪

2017年03月30日

春ですね~。



昨日、小学生のはるかちゃんと、りおちゃんから

「引っ越しするお友だちにあげるんだけど、先生にも作ってあげようと思って~」

と言って、いただきました。



私は引越も無いし、

さしあたり、特にめでたい事もありませんが、



花(別に生花でなくても)をもらうっていうのは、心が

「わくっ(^_^)」

てなりますね。


そういえば、ちょうど一週間前は、

ちなちゃんが、雨の中

「摘んできたよ~♪」

と持ってきたのが、最初の写真のれんげ草でした。


ありがたくも

そんな事したら風邪ひくやん(;゜゜)

と、、、、。



彼女が帰った後、そこらへんの草をちょっと足して

この写真の通りにして、

3~4日、もちました(^^)


空間に花があるのはいいですね。

そして、花には人の気持ちがよく乗りますね。



あ~早く桜が、咲かないかなぁ。。。  


2017年03月27日

お久しぶりです。




ブログをずっと更新しそびれていたのは、

気持ちの大部分がほぼ1点に集中していたからです。

もちろん、日々のレッスンが第一であることは言うまでもないのですが、

なんとなく、ブログや楽譜作成といったコツコツ系や

ピアノの練習をおさぼりしてicon10

(生徒のみなさんごめんなさいねface06)

必死に何をやっていたかというと、

こちらの写真の通りです。


何か、わかりますか?

そう。

お琴、ですkimochi48

そして、こちらは先週末、本渡で行われた

繭姫祭りhime1です。



お琴を密かにやっていたことは、

友人の中でもほんの1部にしか明かさず

表に出すのはもう少し上達してからと思っていたのですが、


昨年にひき続き

デザイナーの友人、山下真由美ちゃんの映像とのコラボを

実現させるのに

今年は、「」にこだわりたいと思いました。

(ちなみに去年はピアノでした)


あいにく、この日はとても寒くて(>_<)

最後の方は手がかじかんでしまって

ちょっと辛かったですけど

なんとか最後まで弾き通せたので、

ひとまず、ホッとしています。


心残りは、髪の毛のセットせずに

下を向いて演奏している姿は

貞子そのものだということに、

写真を見て気づいた事ですbou21



まゆみちゃんの動画と私の演奏に

少しでも足を止めてくださった皆様。

そして、このお祭りに関わられたすべての皆様。


心より感謝、御礼申し上げますicon12


お琴、、、

元々は軽い気持ちで始めた楽器なんですが、

どハマりしてしまい、


今となっては目標は膨らんで、

お免状まで欲しい!!な~んて思っているのです。



だから、これからは

お琴が弾ける事を隠さずに、

なんなら、言いふらす(笑)

ぐらいでいこうと思いますbou12


また、ラッキーな事に

私は師匠に恵まれました。


私の師匠、蓑田由美子先生は、

本当に本当に本当に綺麗で素敵icon06な先生なんですよね。

今回のチャレンジに際しても

まだまだ経験の浅い私の背中を押してくださり

直前まで色々と相談にも乗ってくださり

沢山勇気をいただきました。

これからも蓑田先生の元で、

ピアノと同じくらいお琴に向きあっていきたいと思っています。




そして、今日からまたブログもちゃんと更新します!

まずは、

育てているイチゴを出来るだけ沢山の生徒さんのお口に届けなくては!!!





まだまだいっぱいなりそうな気配なので、

食べてないよ~っていう生徒のみなさん!!

まっててくださいね~face01!!  


Posted by モデラート  at 08:14Comments(2) moderato音楽教室日常のこと♪

2017年03月02日

うちの口達者さんです。



ゆきとくんです。

この笑顔、我ながらよく撮れたなと思いますface01


先日のバレンタインデー頃のレッスン日

お菓子作りがとても上手なゆきと君のお母様hime3より、

とっても美味しい手作りバナナケーキface05をいただいたのですが、


たまたま同じ日に、ながくやっていた曲に合格kimochi48をあげたんですね。


一週間後にお母様に聞いた話ですが、、、


おかーさーん!!おかあさんのバナナケーキのおかげで合格もらったよ!!!」(o ̄∇ ̄o)♪


…ちょっとicon10

それとこれとは別ですから。



という気持ちと共に、


そういう発想もできるんだなと

ちょっと感心しました(笑)

ゆきと君は、頭の回転が早いんだと思うんですが、

とっても口が達者といいますか、、、。


それはへりくつでしょ!!

って事でも

さも正しいと言わんばかりで(^_^;)

ちょっと面白いんですよね。


でも、最近、明らかに駄目だろってことまで言い出しました(笑)


ここ1ヶ月ぐらいの例を挙げますと、、、

(全て、宣言並みにはっきりと言い放っています)


「先生、今日は○○君とこの後遊ぶからレッスン早く終ってくださいよ!!」


(私の心の声)…それは上手に弾けること前提ですか??


「おおおっ!今日は弾けたから練習の成果がよく出たと思いませんか~??」

(心の声)…あれれ?今週トータル10分しか練習してないってノートに書いてあるけど??


「先生、もう、この曲合格でいいんじゃないですか~?」

(心の声)…それ、私が決めるし。


その他、

私がマスクをはめていた日のこと、

演奏が終わってすぐ


「あ~っ!!先生今マスクの下で笑ったでしょface09!!」


(心の声)…笑ってないし。

ってか、その一言に笑えましたけど、ナニカ??




まぁ、こんな感じで、本当に愛すべきユニークな生徒さんなのです(笑)




ゆきとくん。

これからも爆言珍言をどうぞよろしくお願いしますね(^_-)icon12  


2017年02月22日

こちらが決めない事が大切だと思った事。



こちらはなおちゃんですhime27

ちなみに、うちの教室に「なおちゃん」は3人います。

彼女は最年少の年長さんです。

 
先月、彼女ははじめてのコンクールというものを経験しましたkimochi48


私は、レッスン中

お喋りが過ぎる事はたまにありますが、

当たり前ながら、レッスンから手を抜くことはしません!!

だったらお喋りもするな!!!っては言わないでくださいねm(_ _)m




でも、年齢的にとか、一人一人の個性や性格とか、

あと、シビアな話「持ち合わせている能力」の私なりの予想に基づいて


「これを要求するのはこの子にとってはきついかもしれない」

とか

「ここまでを言ってしまうと、ピアノが嫌になっちゃうかも知れない」

とか、思って

本当は「言いたいけど・・」

っていう事を、飲み込んでしまうことはありますicon11


おそらくこんな事は、音楽分野のみならず、

教育に携わる方には多分理解してもらえると、思うのですが。


でも、「コンクール」っていう本番がある以上は、


そんな事、考えている余裕なんて、私にもなくなってしまうのですface03



で、この年長さんに向かって、


「右手を左手より強く弾いて、メロディーが聴こえるように弾くんだよ」

なんて普段、言わんくせに、

当然のように言いました。



一部のピアノの先生からすれば非難を浴びそうですが、

私は年長の生徒さんに普段そこまでを要求しません。

(考え方は十人十色ということでm(_ _)m)



てすからこの時も、心の中で

「難しいよね~わかるよ~icon10

な~んて思っているのです。


出来ないなら、それでも仕方がないよね~

ぐらいの感じで。



でも、私の意に良い意味で反して

なおちゃんは、

ちょっと意識してくれるようになったんですhime1


後でお母様にきいた話ですが

ご家庭の電子ピアノはあまり強弱がつかないらしく、

表現出来ないことにイライラしていたのだそうです。


挙げ句、

「ここは大きくしたいから、

(タイミングに合わせて音量の)つまみを上げて盛り上げてくれ」

的なことを言い出したそうです(笑)



お母様、、、黒子を命じられるなん、それは大変、、、kimochi14


と、ちょっと、思いましたけど、

それ以上に



「あ、なおちゃんにちゃんと伝わってる!!

って思ったんです。



やれるか、やれないか、

やるか、やらないか、



は、最終的には生徒さんの心の選択なのでしょうが

その手前を、指導役である私が決めてしまってはならない事を、

彼女のレッスンから気づかせてもらったと思いました。




講師としての考え方としては、甘いかもしれませんが

私にとって

生徒さんに「コンクール」を経験させる目的は

生徒さんの意識をあげることです。

多分、この点は共感してくださるピアノの先生が少なからずいらっしゃると思います。


それは、本番だけで培われるものでなく、

そこに向かう過程で身に付いていく部分が7割。

あと、本番の覚悟の経験が3割。

と、私なりには思っています。

まぁ、結果がついてくればさらに嬉しいですけど。


だから、なおちゃんのこの一件は

この7割に叶ったと思っているのです。


あとは、なおちゃんも、

そして、私も

これを次にどう繋げていくか。だと思うのですが、


これがね・・・・。

なんなら、こちらの方がよっぽど気を付けないと

油断しちゃうんですよね。ついつい(笑)