2018年08月17日

とても嬉しかった出来事。



帰り際のKちゃんです。

普段あまり写真を撮られたがらないKちゃんですが、

今日はとても嬉しかったhime1ことがあり、

どうしてもここに書きたかったので、

お願いして、後ろ姿を撮影させてもらいましたface01






それは二ヶ月ぐらい前のこと、




私は元々肩こりがひどい方なので、

レッスンの間に肩をボキッ!っと

ならしてしまう事があるのです。



「ごめんねー、先生肩こりひどいとよねー」


って、そんな時は1言言ったりするのですが





それを聞いたKちゃんが、



「せんせい、じゃ揉んであげますよ〜」



って、言ってくれたんですbou12





生徒さんに「肩もんであげる」って、今まで言われたことあったかなぁ。。。


仮にあったとしても、それは10年以上前だなぁ。




なんて思って、

その時とても嬉しかったのですが、

次の生徒さんもいらっしゃいますし、

レッスン時間をそれに使うわけにはいかないので


(たまたまキリのいい所でちょっと早く終わった時に、とかはアリかもしれませんけど、

肩をもんでもらう為にレッスンを早く切り上げるっていうのはナシです)



気持ちhime1だけ嬉しくもらっていたのです。



Kちゃん、なんと翌週もそれを覚えていて



「せんせいの肩を揉んであげたい」

と言ってくれたんですhime16



でも、やっぱり先ほど書いた理由で

気持ちだけ受け取った記憶があります。





それから、約2ヶ月経った今日。





私はKちゃんとの、そんなやりとりをすっかり忘れていました。




でも、




彼女はしっかり覚えていてくれたんです!!!!!!!!




レッスン後に、


「先生、あの、、、肩もんであげたいです」

って!!!!!!!!




今日は次の方のお休み連絡が入っていました。

だから、待っている人が居なかったんです。

だから、言ってくれたのかな。と思います。





「ほんとにー???

覚えていてくれたの???

ありがとう!!

超嬉しい!!」





なにより、その気持ちが!!





「強すぎるとかあったら言ってください」



とか、言われながら。

しっかり、もんでいただきましたhime27




も~、こういうのに弱い。




肩と心がじわっとほぐされました。



なんだか、嬉し暖かい。
  


2018年08月10日

ちょっとタブーなお話かもしれませんが。



写真は先日のフラワーアレンジメント教室で作った

「かご生け」です。

月一回、こんな時間を過ごしています。



さて、

今日は「去っていく生徒さん」について書きますね。


ね!結構なタブー内容でしょ(笑)



入ってくるお子さんもいれば、出ていかれるお子さんもいらっしゃいます。


で、理由は色々です。


例えば、この7月いっぱいで去っていった生徒さんがいましたが、


私が本人から直接聞く前に、

他の生徒さんが学校で聞いてきて、


「先生、〇〇ちゃんやめちゃうの?学校で言ってた」


って、ちょっと悲しそうに私に言ってきたりface07



「先生は直接聞いていないんだよね〜」


みたいな会話になったりするので、そんな時は多少心が痛みます。


ピアノ面倒くさくなっちゃったのかな〜とか。


でも、彼女と話をしてわかったことは



家がすごく遠くて(歩くと1時間ぐらいかかってしまう)

日々がとても忙しく、行事だらけで(ほぼ毎日)

家族団らんの時間が本当に取れていないのが、

話を聞いていて、よくわかり(夜の10時ぐらいに~ってちらっと言ってました)



あ~それは、しょうがないよね〜。


心からそう思う。みたいな。



「来年、部活が無くなったら、

また来れるかな〜」



なんて、あっけらかんに喋る彼女を見て

本当にほっとしました。



なぜって、

ピアノが嫌で辞める訳では無いことがわかったからです。

正直、この理由が1番しんどいのですicon11



この理由を、最初に私に伝えてくれた生徒さんにも伝えると、

「あ~、そうなんだ」

って、やっぱりホッとした様子でした。





で、、、

実は、、、彼女とは別に、8月で去っていく決断をされた生徒さんもいらっしゃるのですが



こちらの場合は、

「ちょっと面倒くさくなった。」

という理由が大きいようなので、私にとってはちょっと悲しさもありますが、



ここで思うのは、

やはり、生徒さんという「他人様」に私の思うような思考をして欲しいと思うことが

調子乗ってるかな。と言う事です。


こちらとしては、

出来る事を普段からやるように心がけるのですが

(たまにそうでもない時もありますけどkimochi14




でも、生徒さんの性格も、状況も、考え方も、強さも、元々の音楽好き度合いのようなものも

生徒さんの数だけあるので、



中には道半ばでそういう決断に至るお子さんもいらっしゃいます。



もちろん、「音楽」は絶対生きてゆく上であった方がいいと思うし、

技術も無いよりあった方が絶対いいと思うので、

「ほんとにいいの?」

と、本気で投げ掛けます。

特に、小学校のうちは教育の面からも

途中で投げるのは良くない思っていますので

そういう働きかけをします。




でも、

それでも、


「ピアノを通してはここまでのご縁なのかな~、オーバーに言えば運命かな~」

と、思えた時は、こっちがひかなきゃと思えるようになりました。



私は、その子の事を思って、(やめていいの?と)言っているかな?

もしかしたら、実は自分の「我」を押し付けていないかな、、、。



最近、そんな視点で、ちょっとだけ考えられるようになったと思います。

ちょっとだけ、ですけど。



ただ、そんな生徒さんとも

別に他人になるわけではなく、

元生徒さん、という関係性になるだけですし、



今、お辞めになってしまう。

という視点ではなく、


これまで通って来てくれていたんだ。

という視点で


今までありがとう。の方の感情を多く持っていたい。


もっていられる、そんな先生になろうと思っています。



あとは、実際どんな現場でも、

出る人がいて、入ってくる人がいる。

そんな風に世の中はまわっているはず(?)なので



今、居てくださっている生徒さんを大切にしながら、

去っていかれる生徒さんには感謝しながら

そして、まだ出会っていない生徒さんを気持ちよくおむかえ出来るために、


私には努力できることが、まだまだありそうです。  


Posted by モデラート  at 12:44Comments(2)moderato音楽教室日常のこと♪

2018年08月06日

女子の会話



毎日暑いですicon10


この日


1人だと写真はイヤだっ!

、、、という事で、今日はこんな写真です。

はるかちゃん(小6)です。



先日のレッスンの合間に、

お互いのコンプレックスface09の話になりました。



「私は顔の〇〇な所が嫌だ〜」 


を言い合うみたいな(笑) 


もちろん、言い出しっぺは彼女ですよ〜。



私「エラがはっているのが嫌なのよね〜」

はるかちゃん「え〜?そんな事無いですよ〜」

私「いや〜そんなことあるって〜」




の次に彼女が言ったことが、、、





「先生、もっとポジティブになりましょう!!」




え〜??

言い出したのそっちやん(笑)



とちょっと思ったりもしたのですが、



「そんなこと無い」

に対して

「いやいや、そんな事あるって〜」


といってしまったのは、

私が「マイナス思考助長大作戦」

はまってしまっていたと

今は思います。



生徒さんと話をしてて、

こちらが気付かされることは本当に多いんですけど、


こんな感じで、「灯台下暗し」的な気づきを貰える事がちらほらあります。 



今回も、ちょっと、そんな一面があったと思うのですが、

昔の事で、すごく覚えているのが・・・・



20代の頃、

「もう、なんだか色々やらなきゃいけない事があって、どうしたらいいかわからな〜い」

(たしか、本当にテンパってたんだと思いますicon11



みたいな事を言った私に対して、

当時の松島の中学生が言ったこと。


「、、、、せんせい。そういう時は、落ち着いて目の前の事から1つ1つ片付けていくんです」







ごもっとも!!icon12



あまりにもごもっともすぎて、今でも覚えています。

当時の彼女も30代になっているはずなんですけどね。

元気でいるんでしょうかね〜。



でも、私にそんな事を言ったのは

絶対に覚えていないと思いますけど(笑)  


2018年08月01日

このあるあるはどうなんでしょう・・・・。




今日はいろはちゃん(小6)の写真を載せてみましたicon06


ピアノを初めてまだ1年に満たない彼女。

でも、しっかり頑張ってますhime13

笑顔が素敵でしょ(^_-)




今日はまず、

この記事を書く了解を

あらかじめ彼女に取ってある。

という事を申し上げておきます!!



さて、この日はいろはちゃんに

弾く宿題の他

書く宿題(ワーク)が少し出されていました。




「いろはちゃんワークできた〜?」

「出来ました〜(^O^)」






ふむ、どれどれ?



ん?

んんっ?!








全部間違っとるではないか!!!!!icon10




実は、、、、これ、

まぁまぁある現象なんですよね。


いろはちゃんが、課題を理解出来てない訳では決して無く。


落ち着いて取り組めば、

普通に出来る課題です。




この現象の原因、それは、、、、




「レッスンの直前にあわててやってきたでしょーーーー」




·········これに尽きます(笑)




この2週間ぐらいで、やらかしたの

いろはちゃんで3人目ですから!!



もちろん、図星だったようで(笑)




いろはちゃんだけではなく、

ピアノを、習っている全てのよい子のみんな!!




ワークの宿題が出た時は

時間がある時に

落ち着いてやりましょう!!





大人も子供も、

もちろん私も

慌てると、ろくな事ないですよ(笑)



でも、いろはちゃんhime1

あなたのお陰で

かわいいブログネタがまた1つかけました\(^^)/



ありがと(^_-)hime1