モデラート音楽教室の日常♪>生徒さんとのやりとり moderato音楽教室 日常のこと♪>お疲れ様でした。

2018年02月05日

お疲れ様でした。



前回、こんな記事を書かせていただきました。

http://yumeyume.kataranna.com/e96761.html#comment

こちらのお父様、昨日、雪の中コンクールに挑戦されに行かれました。

私も応援に駆けつけるつもりだったのですが、、



私はどうしても外せない別の用が入ってしまい、

行けなくなったんですよね。

(そちらの記事も直近で書かせていただく予定です)



それで、無事に弾けたのか気がかりではあったのですが、、、





「先生、見に来んちゃよかったです。

大失敗をしてしまいました。」


と。




具体的な事はここには書きませんけど。

あ、場の空気にのまれたんだな。

という感じでしょうか。




私は、実際観れていないので何とも言いようがないのですが、


結果成果うんぬんよりも



今回、やってみようと決意なさったその挑戦心といいますか、

心意気を支持したいと思います。




一応書いておきますが、

このお父様、練習では止まらずに弾けておられたのですよ。



ですが、あの特異な空間で、一回勝負できちんと弾くならば、

結果論になってしまいますが



もっと「場慣れ」が必要だったのだろうし、


あと、長年の積み重ねとか

(ブランクが長いので。いくら追い込んでも、安定という面では、ブランクの短い人の方がやはり確かだと思うのです)


具体的な本番対策とか

(部分練習を沢山する。止まった時にどこから弾き始めるかを決めておいて不安材料を軽くしておく。あえて人前で弾きまくっておく、、、etc。だいたいそういう練習は面倒くさいのでみんなやりたがりません。)



など、まあ、そんな感じの事が考えられるのかな。



でも、まぁ、お父様、

最初っから上手く出来ることより


「出来ない事が出来るようになった!」


の方が成果としては大きいのです。

それは子供だけじゃないと思います。




あと、私が最近友人と喋っている中でよく出てくるキーワード


「やったもん勝ち」

言い回しは違えど、こんなふうに言う人、私の周りでは本当に多いです。



前に進める人、何かを掴める人は、最初の一歩を勇気を出して踏み出しているんだよね。と。



このお父様は、小さいかもしれないけど、

今回それを、やれたのだと思います。

最初の一歩が苦かったとしても。





ですから、今回のくやしさをバネに、対策色々考えて

次の時は、あともう一歩を踏み出せてもらえるように、



私も考えます。



最後に、

コンクール関係者のみなさま

お父様から、ちょっとした配慮といいますか、、、

弾き直しの機会をいただいたと聞いております。

心よりありがとうございます。



このコンクールがなければ、

このお父様は、再びこれだけの情熱をもって

ピアノに向かわれる事も無かったと思うのです。



きっとまたトライされると思いますので、

今後ともよろしくお願いします。



行けなくてごめんなさい。





同じカテゴリー(生徒さんとのやりとり)の記事画像
1年生でもやっぱり女子よね
新しいお友達です
お久しぶりです
発表会にむけて
楽しい!!
「〇〇ちゃんの先生ってこわい?」について
同じカテゴリー(生徒さんとのやりとり)の記事
 1年生でもやっぱり女子よね (2018-06-12 22:08)
 新しいお友達です (2018-05-24 07:10)
 お久しぶりです (2018-05-15 12:31)
 発表会にむけて (2018-04-19 12:19)
 楽しい!! (2018-04-03 16:08)
 「〇〇ちゃんの先生ってこわい?」について (2018-03-22 15:31)

Posted by モデラート  at 09:26 │Comments(3)生徒さんとのやりとりmoderato音楽教室日常のこと♪

COMMENT
よかった、よかった。あんな失敗だりれにもみられなくて。弾き直しは、もう、やけくそ叩き弾き。
Posted by hetappiとうちゃん at 2018年02月05日 20:43
とーちゃん様へ
お疲れ様でしたね!
こうなったらリベンジあるのみですから(^_-)
Posted by モデラートモデラート at 2018年02月05日 22:35
その姿勢に感激です!
チャレンジするって素晴らしいですね。
私も何か探さなくては(^^)
Posted by あひるちゃんあひるちゃん at 2018年02月05日 23:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。