2019年08月20日

【重要!】お琴出張いたします!のお知らせ



今日は音楽教室の話とは少しずれまして

私からのお知らせです。


私は現在、ピアノの他に「お琴」を演奏します。

それで、新しい試みとして



出張BGM生演奏キャンペーンをやります
(簡単な鑑賞会なら対応可、2019年末まで)


一応、交通費としてワンコイン(500円)だけご用意いただきたく思います。


私のフェイスブックに簡単なプロモーションの動画をあげていますので、演奏レベル、雰囲気としてはこちらを御参考に。

https://www.facebook.com/moderato.music/videos/2535566216665022/



表情が固い・・・icon10

もっとにこやかに演奏できるようになりますね(;^_^A

動画はかなり短くしていますが、20分ぐらいは弾き続けることができます。




思いつく例をいくつか挙げるとするならば


hime17和風や古民家リノベーションのカフェなどでのBGM
hime13お茶屋さん、呉服屋さん、和菓子屋さんの売出しに合わせて
hime17和食のお店のBGMに
hime13外国の方がお見えになるイベント
hime17神前結婚式
hime13お月見のイベント

その他、和にこだわらず色々なシーンでお琴ならではの上品な趣を演出出来るとおもいますhime27


但し、お願いがいくつかございます。

モデラート音楽教室のレッスンが優先なので、

ご依頼は基本的には日曜日でお願いいたします。
他の曜日であれば、まずはご相談下さい。

リクエストはうけられません。
(力不足でごめんなさい)

今回は、新しい経験をという目的がありますので、
初めて依頼していただける方に限らせていただきます。

非常に個人的すぎるご依頼、、、例えば「私の為にただ弾きに来て」等はご遠慮ください。




最後に、、

ここに至る経緯をお話しますface01


私はピアノだけでなく、

近い将来、お琴も本格的に指導していけるようになりたいと思っているのです。


しかしながら、こちらはまだまだ経験不足を自負していて、


だから、

力をつけたい。
箔をつけたい。
そして認知をしていただきたい。

その為には場数と経験だと考えています。


それが、この試みのきっかけです。






果たしてご依頼はあるのだろうか、、、。



ちなみにお琴、現在もレッスンは少しだけしておりますので、

御希望あれば、こちらもまたご相談くださいね。


お問い合わせ等、フェイスブックから書き込んで頂けばと思います。



では、みなさまよろしくお願いいたします。


            江良みどり
















   


Posted by モデラート  at 16:26Comments(0)

2019年08月14日

う〜ん、、、というお話



うちの教室では夏休み練習促進キャンペーン絶賛開催中!!
hime17

簡単に説明しますと、

練習時間を記録して、頑張った分だけお菓子もらえるよ〜!!face01

、、、という企画なんですが、。。



なかなか、難しいkimochi14



やる子はすごく、やるんです。







お菓子をいっぱい持って帰ってくれる

ありがたい生徒さんたち(笑)

(他にもいますよ)


ちょっとした遠足のおやつ以上の量をお持ち帰りですbou12





わかりやすく説明するなら、

30人ぐらいが取り組んでくれているこの企画で


頑張っている上位5、6人で

お菓子の6、7割を持って帰る現象が起きていますicon11



私としては微妙な気持ちですface07



お菓子いっぱい持って帰ってくれる生徒さんは

この企画が無くても練習するお子さんですし。



普段から練習時間が伸びない生徒さんは

こんな企画してもなかなか難しく、、、。



そして、練習時間を記録させるので、

練習してない子の練習のしなささを

私は改めて確認していることにも繋がり、、、

ちょっとだけ、私自身がやきもきするのです。


ものすごく練習してとは言わないんだけど、


せめて、もうちょっと出来んかな、、、?



と、いいたくもなります。

(というか、言ってます)


どうしたら、いいんだろうな〜。

1日5分でいいから、継続してくれたらいいんだけどな〜。


それか反対に、

やれない時や乗らない時はしなくていいから

できる状況の時にもうちょっと頑張ってみませんか?????

とか。

(私自身はどちらかといえばこちらに近いかも)




続ける事が一番は今も否定はしないし

無理やりやらせようったって、それは無理だ、

という考え自体は一ミリも変わっていないのですが



それでも

子供の自主性に、、、とばかりも言ってられない現実を今、みていますkimochi14



だって、弾けるようになってほしいですもん。  


2019年08月08日

双子コーデ!な姉妹♪



さらちゃん(向かって左・小2)けいかちゃん(右・小4)ですface01

昨日はこんな感じでお洋服を揃えてレッスンに来てくれました(^^)hime13


この姉妹は本当に仲が良くて、

他のお子さんのレッスンをしているときも、

楽しそうにお喋りしている事が多く


「今の半分の声で喋ってちょうだい!」


と私に注意される事もしばしばです。



普段のレッスンは学校帰りなので
大体制服なんですが。



こないだはたしか色違いのワンピースを着てました。



この2人、

学年が2つ違いますが、

体格はご覧の通りほぼ互角。


なんならお姉ちゃんのほうが細いのです。



サイズ自体も同じなのか聞いてみた所、



妹は買ったそのままで着れるけど

姉には少し大きく、お母さんが手を加えてくれたのとの事です。 



お母様のご苦労が垣間見えますface06



それにしても、、

姉と妹、反対だな(笑)

まぁ、こんな事もあります。



さて、

昨日、面白かったのは

妹のさらちゃんがなんの脈絡も無く

さらりと呟いた一言


「あ〜プールなんて無くなってしまえばいいのに」



・・・・kimochi31

はいはい。苦手な子は言いたくもなりますよね。





このぐらいの事なら

こんな風にさらり言えたぐらいの方が、

精神衛生上いいような気がしますface01

お子さんに限った事ではなくて。


排泄物と同じ(笑)

ためるより、出して軽くなった方がご自愛にかなってる、と思うのです。face01
  


2019年08月03日

のあちゃんと一緒に♪



向かって左側は、のあちゃんhime1

元生徒さんです。

幼稚園〜中3までレッスンしていた彼女も

今や18歳だそうですhime16



この日は妹・ゆめかちゃんのレッスンについて来てくれましたhime17

とても妹思いののあちゃんは、

帰省の度にレッスンに同行し、顔を見せてくれますface01



さて、


この日、かつてのあちゃんが弾いた曲を

妹のゆめかちゃんが弾いていて、


のあちゃんが思い出したように喋りだした内容がこちら↓




「その曲、スタッカートが多くて嫌だったな〜」




「スタッカート嫌いだよね〜って先生に言われた」
え?そ~だったっけ?('_')


「だから発表会ではスタッカートが多い曲は選ばないからって先生に言われた!!!!」





そんなの、おぼえてない(笑)

私、そんな事言ったんですね、、、。




さて、スタッカートが嫌いなのあちゃんですが、

この日はかつて自分が苦手だったスタッカートだらけの曲を

家で妹に指導してくれていましたicon06



彼女は、

帰省の度に、必ずピアノに向かうのだそうですよkimochi48




そして私は直接聞いてないけれど、


遠くの高校を選んだからピアノを続けられなくなったけど、

本当はピアノはもっと習い続けたかった。

と、お母様に話していたようです。




こんな事聞くと、ちょっと嬉しくなりますhime1




うまく言葉で説明出来ませんが、

音楽の素敵な何かの種みたいなもを

彼女の人生の中にポロリ残せたかもしれない・・

なんて( *´艸`)



そして、

今、そばにいてくれている生徒さん達にも

同じように、

その「何か」を残せたらいいな、、、( *´艸`)



と思わずにはいられない。

そんな気分になりましたhime27




のあちゃん。また来てね(^_-)-☆

そして、お姉ちゃんにもたまに来るよう伝えてくださいな!  


2019年08月01日

世のお父様達に最後まで読んでほしい内容です。



かんなちゃん(年中)ですface01


この歳のお子さんにカメラを向けても

ベストショットがとれるとは限らず、、、。



私はもっと、素敵でかわいいicon06笑顔face01を知っているので、

この写真は個人的には不服ですbou21



さて、かんなちゃん

この日はお父さんと一緒にレッスンに来てくれました。



お父さんが大好きなかんなちゃんですから、

この日はレッスン中ずっとごきげんで、ちょくちょく後ろに座っているお父さんを振り返ったりしてましたhime17



私「かんなちゃん、晩ごはん食べてきた?」
※夕方のレッスンでした。


かんなちゃん「・・・(うなずく)」

私「そっか〜。」



でも、、しばらくして、

本当はまだ食べてない事が判明face07



私との会話が面倒くさかったのかな。

ご飯の会話に興味が無かったのかな。



とりあえず、うなずいとけ

みたいな笑

・・・まぁ、いいんですけど。



さて、

こんなやりとりも、この日にあったと言う事を念頭に

ここからの話をよんでいただきたいのです!!!



この日のレッスンが終わる頃、



「ねぇ、かんなちゃんはお父さんのどんな所がすき?
優しいところ?」



と聞いたんです。


すると、はっきりと首を振ったんです。



「えーーー?じゃ、どんな所が好きなの?」




かんなちゃん、何て答えたと思います?








「ぜんぶ!」

※はっきりと


bou8




晩ごはんの話は極めて適当に扱った彼女がですよ!!!

妥協せずにこんな風に言ったんですよね。





すごくないですか??





かんなちゃん、っていうより

私はここのご両親がスゴイと思ってしまいました。





ここからは、妄想100%で話をすすめますが、




たぶんね、、、

ご両親の信頼関係の賜物だなと思ったんです。


お父様はもちろん、かんなちゃんを可愛がっておられますが、




子育てに1番関わっているのは母親です。


だから、お子さんがまだ小さい頃は特に

母親の気持ちが1番お子さんに影響を与えると思います。

で、お父様とお母様の信頼関係がなければ、

お子さんにお父様を「全部好き」と言わしめる事は出来ないだろうと思う。




しかも、「優しい所?」の問いをはっきり否定されてますからね。

「100点ですか?」

「それは違う!200点です」


あらそう。

みたいな。




言葉でなくて、フィーリングみたいなもので、

それはきっと、

お母様からお子さんに伝わっている部分が決して少なく無いはず。


何が言いたいかと言うと、

普段からお父様がお母様を大切にしていなければ、

そしてお母様がお父様を大切に思っていなければ


お子様はお父様の全部が好きって

他人にはっきりと言わないと思うのです。






確認しておきますが、100%私の妄想ですけどね。

どうかな?違うかな??



かんなちゃん、いい環境で育っているんだな。

とすごく思いましたhime1


で、うち(の音楽教室)に来てくれているのだから、

もっといい環境や教育を提供していきたいなと、

ちょっと、思ったりしたのです。


最後に、

この記事を目にされたかんなちゃんのご両親が

「この記事、削除してください!」

ってどうか言ってこられませんように・・・・・face06  


2019年07月27日

おせっかいやめる試み。



私、お節介をやめますbou12

上の写真、ちょっとわかりにくいと思いますので、大きくしますね。





意味が分からないでしょkimochi31

 

これは、曲が長くて何ページにも渡る場合にも

自分でページをめくれと言っている訳ではありません。




そうではなくて、

レッスン中、「次の曲」にいく時



音楽レッスン経験のある方にわかりやすく説明すると、

ハノン→ツェルニー→ブルグミュラーというふうに

扱う教材が代わるとか、

同じ本でも2曲やってますとか

そういう場合の楽譜めくりや準備の事です。



長年の習慣と、せっかちな性格から(人並みだと思ってますけど)



ついつい、いつまも、

私の手が勝手にページをめくってしまうのです。




そして生徒さんは、大きくなっても目の前に示された楽譜を弾く。

みたいになります。

だって私がそうさせているからface07




うちに来てくれ生徒さんは、ほぼ、

小学校低学年までにピアノを始められています。



小さい頃は曲がとても短いので、

一回のレッスンで3、4、5曲扱うんですよね。



そうなると、その、めくる時間がもったいないのに加え


低学年以下だと、

どうしても時間がかかってしまいますよね。

もたついて当たり前。

だって低学年だもん。





だから、低学年までは私がページをめくっても自然と思うのですが





でも、それが当たり前になって、

大きくなっても私がめくり続けてしまっているのです。





でもな〜

技術的な事は助けますけど

(そりゃそーだ!それが仕事なんだから)kimochi31


それ以外の部分は本人にさせた方がいい気がしてきたんです。


「明日学校に持っていくハンカチ、ティッシュは自分で用意しなさーい!」

的なやつでして。

(子ども居ないのであくまでも妄想です)

face06





でも、


「わざわざホワイトボードに書かなくても、口頭で言えばいいじゃないか?」


って、思いますよね?




これはですね、、、、



先週までやってたものを、いきなり

「今日からは自分でやってね!」


って言ったら、、、



え〜なんで?こないだまでやってくれてたのになんでしてくれないの?先生のケチ!!ケチ!!!




ちょ〜っとだけ、そう感じてしまう生徒さんも

いるかもしれないから(笑)

人間だもの


実際いましたよ。気持ちはわかります。私も基本的に面倒な作業は好きではないし、私も人間だもの(笑)


ですから、


「決まり感」


を演出したくて、こんな小手先の技を使いました。



でもまぁ、、、「小さな工夫」

と言ってほしい。




で、実際今どうかと言うと、




生徒さん以前の問題で

未だ、うっかり私の手が出ています。


とか、途中で気付いて

「あ!ちがう!!めくってくれる?」

と言って、逆に時間をロスしてしまったり。



長年の習慣は、そう簡単には治らないものです。  


2019年07月16日

呼び方の確認。



こんにちはface01

久しぶりにゆきとくん(小5)を登場させてみましたface01

今まで、弟かわいいキャラでしたが

(まぁ、今もさほど変わりませんが、、、)


最近はうちの教室、男の子が2、3名増えまして

(ありがとうございますicon06



この通り!!

おにいちゃんの貫禄も少しずつ備え始めました!!




左側は、たくまくんです。(年長さん)


みどり色が好きと言ってくれたたくまくんface01


大きくなったら消防士になりたいのだそうです!!

(これは相当に楽しみだface05





さてさて、タイトルの件ですが、




ずばり、



「おばあちゃんの呼び名」




が今は色々なんですよね。




最近は働くお母様が本当に多く、

おばあちゃんが孫をレッスンに連れてきてくださるという事がしばしばあります。




まず、呼び名以前の問題として、

最近は、若くてオシャレなおばあちゃんが多すぎる!!

(おばあちゃんと書く時点で違和感を覚えます)




まず失礼の無い様に確認から入ります。



「あの、、、お孫さんになるんですよね?」



こんな感じ。



そして、



「普段はお孫さんからなんと呼ばれているんですか?」


すると、

「ばあば」

「〇ーちゃん」

※〇にはおばあちゃんの名前の最初の文字が入ります。

「かあさん」

※ちなみに本当のお母様の事はママと呼んでいる。

「〇〇ちゃん」

※名前にちゃん付けです。


こんな感じですかね。



「ばーちゃん」は、以前ほどは聞かなくなりました。



さて、伺った後ですが、




レッスンに同席されているということは、

私もたまにお呼びする機会があるのです。




「ほら!〇〇ちゃん!バアバが後ろで応援してくれてるからいつもより頑張れるかもね!!」

みたいなやり取りが、自然と生まれるものです。




そのため、


「お孫さんと同じ呼び名でお呼びしてもいいですか?」


と了解をいただいている感じです。




それでも先に買いた通り

最近のおばあちゃんは若いので、

お呼びするのにかなり抵抗があります。



私の中のお祖母ちゃんは

どうしても







サザエさんのフネさん


みたいなおばあちゃんなんですよね〜。  


2019年07月11日

七夕の願いあるある




きりゅうくん(小2)、大きくなりました〜face01

でも、願わくばもう少し練習してほしい(泣)

お願いしますねicon10。きりゅうくん、、。





さて、

きりゅうくんも該当していた

「低学年子どもあるある」

をお話してもいいでしょうか。




先日の七夕hime28

みなさまは短冊にお願い事書きましたか?


私は書いてません(笑)

その日はお出かけしていて忙しかったんですよねface07

(どーでもいい(笑))



まあ、それはいいとして、、、、

「お願い事、何書いたん?」

と聞くとですね・・・


たまに居る!

っていうか、けっこう居る!本当にこれまで何人も居た!






「足が速くなりますように。」




うーーんface07




もっとさぁ、、、

「〇〇ができるようになりますように」

とか、


願わくば

「ピアノが上手になりますように」

とか

書いてほしいんですけどねkimochi14




低学年のお子さんにとって

「足が早い」

は、けっこうポイント高いらしい。




昔を思い出すと

たしかにその感覚、 わからん事も無い。



例えば、
 

「みんなが幸せになりますように」

とか。




あぁ、こんなの書けたらいいんですけど、



私はもっと目先のお願い事に短冊をきっと使ってしまうなicon10





でも、それでも、


「足が速くなりますように」


って、


他に、何かないの?

年に1回なのに、それに使うの???




と、思わずにはいられない(笑)







あぁ、私は


つまらない大人になってしまったのだろうか(笑)  


2019年07月09日

給食の話はやっぱり面白い!



「ねぇ写真とらせて〜!」

と聞くと、

「いいよ〜どこで撮ろっかな〜face01

「ピアノ教室だから、やっぱりピアノは入れたほうがいいよね〜」



なんて、そんな相談を始めた3人ですface01




そして、この通り

笑顔でポーズを撮ってくれましたhime27



向かって右から、ほのかちゃん(小2)さらちゃん(小2)けいかちゃん(小4)です。



この曜日は学校の集団下校の日で、

いつも3人仲良く来てくれます。




さて、話は変わって



たまに生徒さん達と「今日の給食」の話をするのですが、

(こちらにも何度もそんな文章を書いてきました)




、、、これがやっぱり面白いんですよねface01


特に低学年のお子さんの説明が面白いんです。



「う〜んと、、、玉子焼きみたいなお肉!」

とか。



「きゅうりみたいな野菜!」

とか。


「玉子焼きみたいなお肉」については、後で高学年のお子さんに確認した所

玉子焼きみたいに成形された形のお肉でした。


あ~ハンバーグみたいなものだったんだね〜。と解決。

確認して振り返ると、低学年の生徒さんが何を思ってそういう説明をしたのかがわかりますface01



「きゅうりみたいな野菜」については、未だにナゾですicon11

だってきゅうりはきゅうりでしょ?(笑)



そういうのが最近面白かったです。


あとは、

「うちのクラスはタルタルソースが嫌い人がいっぱいいて、先生の机の上に何人か返していた」


とか聞いて、ビックリしたり。



タルタルって嫌いな人いるんですね(笑)

そうだったんだ〜!知らなかったなぁ。

もれなくみんな好きなもんだと思ってましたkimochi40



「海藻サラダはみんなあまり好きじゃないから、普段いっぱい食べる人も少ししか食べてなかった」

とか。

あ~そうだよね〜。体にはとってもいいけど、子どもが好んで食べるものじゃないかもな〜



そんな時は

「大人になったら美味しく食べられるようになるんだよ」

と言ってます。

だって私は大好きですし。





食育の場面、面白いです。

そして、みんな楽しそうでよかったなって

素直に思います。

給食の話、ネタが無い時にまたします。



どうぞお付き合いくださいね。  


2019年06月27日

うらやましいと思ったこと

やっと梅雨入りしましたねicon03



ピアノのレッスンは通常

生徒さんのお隣に座っている時間が

圧倒的に長いのです。



すると、自動的に

生徒さんの「横顔」を見ることになるのですが、



そんな時、羨ましいと思う生徒さんが

度々いらっしゃいます。


例えば、



彼女はあんなちゃんですicon06



本当はもっとアップを載せたかったのですが、

彼女の了解が得られず(^_^;)



この大きさだとわかりにくい。

でも、どこの部分かわかりますか?


それは、、、






クルンと上にカールしているまつ毛!!!



ですicon12



低学年のお子さんにたまにおみかけします。


この日も思わずあんなちゃんに


「そのまつげうらやましいな〜」

って、言ってしまいました。




私は、、、お出かけのときはマスカラを付けて、

(半分ぐらいサボってますけどね)


最近、

まつ毛のホットカーラーを買ったばかりです。



エクステは洗顔の時に気になるからしません。

(たまには女子を意識したこんな発言をしてみましたface03



持ち前のクルリンまつげは

本当に羨ましい限りです。